歯を失う原因は、う蝕(虫歯)と歯周病(歯槽膿漏)の2大疾患と言われています。歯科の疾患の殆どは自然に治ることが無いです。すなわち、虫歯や歯槽膿漏になった場合は、歯科の治療が必要となります。初期であれば治癒することが殆どですが、重症化すると歯を抜く必要があります。

 歯を失ってしまうと、二度と自分の歯は戻ってきません。そのため、歯を失わないようにする事がとても重要です。特に成人の8割が罹患していると言われている歯周病は早期に治療することが大切です。もちろん、歯周病にならないように予防することも重要です。一度、歯周病になり治療で治ったとしても、再度歯周病になるリスクは、歯周病に罹患していない成人よりも高いため、治療後の定期健診(メインテナンス)が必要となります。

​ 口臭や歯の揺れ、口の中の粘つき、症状が無くても検診をご希望等ありましたら、一度ご相談頂ければ、お力になれると思います。

  • Grey Twitter Icon

© くわばら歯科クリニック 

kuwabaradentalclinic.com