歯を失う原因は、う蝕(虫歯)と歯周病(歯槽膿漏)の2大疾患と言われています。歯科の疾患の殆どは自然に治ることが無いです。すなわち、虫歯や歯槽膿漏になった場合は、歯科の治療が必要となります。初期であれば治癒することが殆どですが、重症化すると歯を抜く必要があります。

 失った歯を再生する技術は現時点で存在しないため、生体材料や人工臓器で代替する必要があります。歯を失ったままにしておくと、様々な悪影響が出てきます(歯並びの悪化、噛み難くなる、歯周病の悪化など)。そのため、一般的に言われている、金属や樹脂で冠を被せたり、入れ歯などを装着する治療が必要となります。入れ歯などは作製して終わりでは無く、口の中で機能させて初めて治療となります。健康な食生活を維持するためにも、継続的なメインテナンスが重要です。

 もし、虫歯が気になっていたり、入れ歯が合わないことで食事が楽しくない等のお悩みがありましたら、我慢するのでは無く、一度ご相談頂ければ、お力になれると思います。

  • Grey Twitter Icon

© くわばら歯科クリニック 

kuwabaradentalclinic.com