歯を失う原因は、う蝕(虫歯)と歯周病(歯槽膿漏)の2大疾患と言われています。歯科の疾患の殆どは自然に治ることが殆ど無いです。すなわち、虫歯や歯槽膿漏になった場合は、歯科の治療が必要となります。初期であれば治癒することが殆どですが、重症化すると歯を抜く必要があります。

 歯のお悩みは、子供からお年寄りまで幅広い年齢で起こります。それぞれの年齢やお口の中の状態に応じた治療が必要となります。子供であれば虫歯が出来ないようにすることが一番大事であり、入れ歯を使用しているのであれば噛めることが一番大事です。もし、歯科医院を受診することが難しい方はご相談下さい。

​ お口の中でお悩みがあれば、一度受診して頂き、一緒に口の中から健康になりましょう。

  • Grey Twitter Icon

© くわばら歯科クリニック 

kuwabaradentalclinic.com