歯科の材料は日々進歩を重ねて、従来では使用できなかった材料で被せ物などを作製することが出来きます。特に、セラミック材料の進歩は大きく、従来のセラミック以外にも、ジルコニアなどの高強度セラミックも歯科において加工することが出来、臨床応用されています。

 高強度セラミックを使用することで、金属を使用しない被せ物を歯科治療に取り入れることが出来ました。とても綺麗で、身体に優しい材料ですので、ご希望の際にはお尋ね下さい。

​治療の1例

​治療の1例

ファイバーを使用して

土台を作製

ファイバーを使用して

土台を作製

​治療の1例

作製されたセラミックの

​被せ物

​口腔内に装着されたセラミックの被せ物

​隣在歯はコンポジットレジンで治してあります。

形を採る前の状態

​歯の神経は残してあります。

​口腔内に装着されたジルコニアを使用したブリッジ

​(料金)

コンポジットレジン1か所(保険)約1,000~2,000円(自己負担)

ハイブリッドレジンクラウン(CAD/CAM)(保険)約8,000円(自己負担)

オールセラミッククラウン(CAD/CAM)(自費)50,000~

  • Grey Twitter Icon

© くわばら歯科クリニック 

kuwabaradentalclinic.com